和気優の農書き日記

毎日
アグリ ハングリー

close

  • Facebook
  • Twitter
  • Waki Youtube

和気優の「毎日 アグリ ハングリー」

Calender

    2017年5月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    Archives

    カテゴリー

    QRコード

    QRコード

    アースバックでネパール復興!「ガレキに花を咲かせましょう第2章」

    2015-07-28 08:24:31

    カテゴリー
    ネパールプロジェクト
    FullSizeRender-15

    FullSizeRender-15

    日本アースバック協会会長のヒロさん。

    東日本大震災から4年。
    「ガレキに花を咲かせましょう」の第2章が、こんな形で始まるとは思いもよらなかった。

    地震で建物が壊滅的被害に遭ったネパール。
    実際に行って、子どもたちのところで「歌」を届ける事はできたものの、今後どーすれば良いか?
    思案していたところで入ってきた情報が「アースバック」なる工法の家。

    ネパールの古い建物は、殆どがレンガと木で出来ている。
    IMG_0131

    地震には極めて弱い構造なのだ。
    この古い建物の8割がダメージを受けている。
    ネパールの人々は明るく、笑ってはいるが、テント暮らしが長引けばジワリジワリと辛くなるに違いない。
    何より「家」が必要だ。
    仮設ではない安く強い「家」が。

    アースバックとは、簡単に言えば長いチューブに土とコンクリートを詰めて、とぐろを巻くように積んでいく工法だ。
    レンガのように固体のブリック状では無く、繋がっているので地震で崩れる事はまず無い。
    しかも主力素材が「土」なので、ネパールに幾らでもある。
    素材を運ばなくて良い。
    何より、ネパールの景色にしっくりくるのだ!
    BAYI03YCQAAcljc

    ワークショップでアースバック工法を学べば、大抵の人は伝授出来る。
    *ある人数の人手は必要だが。

    出来上がるとこんな素敵な感じになる。
    ransom22

    しかも、その工法の協会長が大分に居る!何と奇遇な!!!
    それが日本アースバック協会の会長「ヒロさん」である。
    これはもう繋がるしか無い!と、連絡を取って大分市まで会いに行ってきた。
    そこで大凡のストーリーを伝えたが、本人がもっと話を詰めたいと臼杵農民カフェまで泊まり込みで来てくれたのだ。

    結果的に、和気とヒロさんで12月にネパールへ行き、アースバック工法のワークショップを実施する事で合意した。
    「ガレキに花を咲かせましょう/ネパール編」の開始である!

    9月にSRカスタム「銀次郎」との3年振りのバイクツアーに出る。
    ここで今回のプロジェクト支援金を集めたいと思っている。

    しかし、先々多難だ。
    いつもそうだが、かなりの困難が待っている。
    今度のミッションは海外だ。

    ハッキリ言っておく。
    俺は一人だ。

    後ろ盾も、団体も、今のところ無い。
    怖い。
    お金どーしよー!?
    毎月の支払いは、借金はどーする?
    店は?
    家族は?
    しかし、毎度毎度始まりはこんなもんだ。
    考え出せば、やっぱりやめよう、の要因は無数にある。
    だが、後悔したくないんだ。
    死ぬ時に、あーやっとけば良かったな〜
    何て悔みたくない。

    いつも自分に言い聞かせている事がある。
    「一人の思いが世界を変える事がある」
    一人で何が悪い!
    大分の片田舎の臼杵から始めて、何が悪い!
    資金も自稼ぎで何が悪い!
    あー大変だ大変だ!タイトロープだ!

    散々もがいて…さぁ、やろう。
    道は常に二つに一つの分かれ道。
    やるか?やめるか?
    ステイ オア ゴー!だ!!

    結果、いつもやらない選択など無いになるわけだ。

    でも、今回はヒロさんが居るから「ひとり」じゃないか。
    有り難や。

    と言う訳で始まった「ガレキに花を咲かせましょう/ネパール編」
    皆の衆、巻き込みますよ。
    覚悟して下さい。

    IMG_2288


    ◁ 戻