和気優の農書き日記

毎日
アグリ ハングリー

close

  • Facebook
  • Twitter
  • Waki Youtube

和気優の「毎日 アグリ ハングリー」

Calender

    2017年7月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    Archives

    カテゴリー

    QRコード

    QRコード

    オーガニックレボリューションを起こすのは俺たちだ!

    2014-10-16 08:14:55

    カテゴリー
    オーガニックレボリューション
    359A0212

    359A0212

    オーガニックで革命を起こす!

    もう、我慢できん!

    この思いを爆発させる!!

    とは言え、オーガニックレボリューションは殺したり、破壊したり、反対や否定避難しない、静かなる革命なのだ。

    重要なのは、有機的な対話、有機的なネットワーク、有機的なインフラストラクチャー、有機的な社会、有機的なマーケット、有機的な建造物、有機的なエネルギー、有機的な表現、有機的な教育…を可能にする、それがオーガニックレボリューションである!



    農業が変わるのは当然、必然。

    しかし、そこから構成される仕組みや営みも、有機的でなくてはならない。

    俺が最初に「有機的」を感じたのは、25年前に初めて訪れたニューヨークの「チェルシーホテル」だった。

    バンド「JACK KNIFE」での1ヶ月に渡るニューヨークサーキット。
    タムズスクエアど真ん中でのストリートパフォーマンス、CBGBでのギグなど最高に楽しかった!
    その滞在においてのアジトが「チェルシーホテル」である。

    滞在中、当時の支配人「スタンリーバード?」とロビーですれ違った時、東洋から来たスキンヘッズの俺に興味津々こう言った。

    「チャルシーへようこそ。私の本が日本で発売になるよ、君もこの住人の一員になるのね。このロビーに飾られた絵や造形にはワケがあるのよ…」

    軽い笑みを浮かべながら、宿の語り部のように、チェルシーホテルの住人だった数々の著名な作家やアーティストたちの名前を連ねつつ、話をつづけた。

    「そう、当時はみんな金が無くて、家賃の代わりに作品が担保だった…歴代の支配人たちの目利きもあるのよ…」

    この時、俺は直感的に感じた。
    俺にもその一員になれる資格はある。
    しかし、それは才能との対価でもあるのだと痛感した。
    さすがはニューヨーク。

    しかし、今思えばこの「有機的な取引」が、実に古くさくなく、現代にこそ必要なのではないか?とも思えてくる。

    金に依存する世界…これはある意味恐ろしい。

    しかしチェルシーホテルの支配人のように、金を挟まなくても物や表現で取引される感覚、それは素晴らしい。

    だが、これを成し得るには「概念」を変える気概と柔軟性が必要である。



    本能に問いかける価値観の創成。



    常々思う。

    これからの百姓は、金が無ければ米や野菜で払えば良いと。
    そしてそれを受ける側の器量も試されるときなのだ。

    そう感じる。
    それが「有機的」な取引なのだ。

    だからと言って「金券」を否定している訳ではない。

    金に依存する社会に危機感を感じる、と言う話なのだ。
    そしてそれは実にカッコわるい、くだらないスタイルなのだとも言える。
    生きている、と言うより、まるで飼われている感じだ。

    伝わるだろうか?

    この話を「感じた」ら、それは君の中でオーガニックな革命が始まっている事になる!

    オーガニックレボリューションはそうした、無数の「洗脳」された意識からの脱却でもある。

    少しずつ、対話を続けよう。
    有機的対話を。

    そして必ずやってくるオーガニックな革命の一歩を印すときなのだ。

    俺は世界中で同時多発的に点在するオーガニックな同士に呼びかける。

    今こそネットワークする時なのだと!

    オーガニックを、独占的、支配的階級から解き放ち、開放せよ!!

    オーガニックを我々の手に!

    オーガニックコーリングを打ち鳴らせ!!


    ◁ 戻