和気優の農書き日記

毎日
アグリ ハングリー

close

  • Facebook
  • Twitter
  • Waki Youtube

和気優の「毎日 アグリ ハングリー」

Calender

    2017年5月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    Archives

    カテゴリー

    QRコード

    QRコード

    米と兵隊

    2015-01-02 10:50:35

    カテゴリー
    写真 1-25

    写真 1-25

    爺ちゃんの靖国へ詣でた。

    戦後70年。

    爺ちゃんが沖縄で戦死して70年。

    爺ちゃんは農民だった。
    米と麹屋の百姓だった。

    家には麹室(こうじむろ)があった。


    そんな爺ちゃん…

    もう日本が負けると判っていた終戦間際。
    ろくな訓練も受けずに船に乗せられ、南の島で死んだのだ。
    6月、沖縄陥落の1週間前に沖縄本島米須の海で死んだのだ。

    さぞ、口惜しかっただろう。

    百姓として、秋の収穫も見ずに。
    親として、子どもたちの成長も見届けずに死んだのだ。

    爺ちゃんは、百姓で生きたかったんだと思う。
    その叶わぬ思いを引き継いでいる事においては、俺自身確信してはいる。
    俺がこんなにも農業にのめり込むのは、まさに俺の中に爺ちゃんが宿っているからだ。

    爺ちゃんを例えるなら、米と兵隊。

    昔、麦と兵隊なる本があったが、百姓兵隊の話ではなかった。

    爺ちゃんは百姓の兵隊。

    米と兵隊。

    米国と兵隊、ではない。

    米と兵隊。


    アメリカに怯えながら、手のひらの生米をカジっている。

    米と兵隊。

    砲撃の音と音の隙間に、喉かで穏やかな稲穂の田園と青い空を想像していただろうか?
    稲藁の匂いと、籾(もみ)の感触を実感していただろうか?
    最期の瞬間、ひとりの農民の死を誰が気に留めただろうか?

    米と兵隊。

    70年前、ひとりの百姓が南の島で玉砕した。

    たったそれだけの事だ。

    しかし、その道はちゃんと息衝いている。

    今の俺に宿っている。

    米と兵隊。

    戦後70年の、俺なりの答えがある。

    米と兵隊。
    それは英雄でもなんでもない。

    ただの百姓が兵隊にとられ、死んでいった物語。

    しかし、日本の百姓なら伝わる悲劇。
    日本中、どこにでもあった悲しい物語。

    誰もすくい取る事のなかった、百姓兵隊の死。

    それが米と兵隊の物語なのだ。

    米と兵隊。

    爺ちゃんの戦争70年。


    ◁ 戻